保育方針

乳幼児期は子どもたちの人間としての基礎が培われる時期です。

家庭に代わって長い時間を過ごす保育園では子どもたちが健康で安全で情緒の安定した生活ができるような環境つくりを大切にします。

また、子どもたちの発達段階にふさわしい環境の中で、自己を十分に発揮し、色々なことに興味や関心を持つことを大切にしながら、次のようなことを教育的に考えて、保育計画を立て日々の保育を行います。




保育目標



  みんなとなかよくする。

  じぶんのことはじぶんでする

  つよいからだとやりとげるこころ


保育特色


あふれる光、四季の風、豊かな色彩など五感で感じる心地よさや伸びやかさなど、質の高い園舎で保育指針に基き、望ましい人間の育成を目指して保育を行います。

又、保護者の子育て時代の喜びや大変さを共有しながら元気な子育てを応援します。

  • 心身のバランスのとれた成長を願ってそれに応じた援助をします。

  • 個性を尊重し一人一人に応じた援助をします。

  • 子どもにふさわしい環境の中で豊かな感性、創造性を育てます。

  • 有意義で多様な経験を与え、養護、教育の両面で援助を行います。